国家試験~短期間で効率よく合格点を!【参考文献】

国家試験の勉強お疲れ様です。学生さんから質問があったので回答します。

養成学校の学生さん
国試対策にPT、OTの過去問はやはりあった方がいいですか?またその参考書を使用する際のポイントがあれば教えて頂きたいです!
小川準一郎(オガジュン)
国家試験~短期間で効率よく合格点を!【過去問/問題集】の番外編を読んでみよう!

と言いながら、そこに書いてあることに、さらに加えた内容を以下に述べます。参考にしていただければ幸いです。

国試対策にPT、OTの過去問はあった方が良いか?

  • STの過去問を完璧に理解すること優先。
  • PT/OTの過去問は解かなかったけれど、調べるにはまとまっていて、理解の手助けには大いに役に立った。
  • 臨床に出てからも、専門書を読む前に他専門分野の概要を知るには充分なコストパフォーマンス
  • 「国家試験まで時間がない」のであれば、時間を買う気持ちで購入すればよい。
  • 「基礎科目が不安」なのであれば、購入して気持ちを落ち着ければよい。

お金を節約することは重要ですが、時期によっては時間やメンタルを削ってまで、お金をけちることが必ずしも正しいとは思いません。←合格すれば初任給で余裕でカバー。

国家試験に落ちないためにも私は購入しました。物理的なもので無駄なストレスを減らしたことが私の場合は合格につながったと確信しています。

オススメの理学療法士、作業療法士の過去問

理学療法士、作業療法士の過去問は充実しています。私は問題はときませんでしたが、参考書としてこのシリーズを活用しました。実は臨床に出てからも他職種の共通言語を知る上で役に立っており、臨床医学編も就職してから追加購入しました。

PT/OT国家試験必修ポイント専門基礎分野基礎医学(2016)


→ 丸善ジュンク堂

→ 楽天ブックス

→ amazon

PT/OT国家試験必修ポイント専門基礎分野臨床医学(2016)


→ 丸善ジュンク堂

→ 楽天ブックス

→ amazon

理学療法士、作業療法士過去問の参考書を使用する際のポイント

あくまでも私の場合は時間の節約と精神的な安定を目的としていたので、無理に過去問を解かなくてもよいと思います。私の考えと近いのであれば、ズバリ参考程度に利用することをお勧めします。

方法

利用しているテキスト、過去問の解説の分かりにくい部分を保管する目的に表、図をコピーして言語聴覚士テキストに張り付ける。

  • 出所不明の先輩からもらった資料などは信用しません。
  • 学校でクラス一丸となってまとめた資料も信用しません。
  • 自分が分かりやすいように、エクセルなどでまとめるのは嫌いではないですが、こだわりすぎて、時間がいくらあっても足りません。いつも途中辞めです。

だから、コピペです。

メリット

  • 表や図を作る必要がなく時間の節約ができる。
  • 言語的に理解しにくいところを視覚的に理解しやすく、覚えやすくなる。
  • 信頼できる資料である。

デメリット

  • 時間がある人、メンタルの強い人には無駄な出費。

再度お伝えしますが、

お金を節約することは重要ですが、時期によっては時間やメンタルを削ってまで、お金をけちることが必ずしも正しいとは思いません。←合格すれば初任給で余裕でカバー。

国家試験に落ちないためにも私は購入しました。物理的なもので無駄なストレスを減らしたことが私の場合は合格につながったと確信しています。

オススメ国家試験対策本

言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説

私の国家試験勉強法 ~3週間で合格点。毎日6時間睡眠。 に利用方法の一例が書いてあります。読んでみてください。

→ 丸善ジュンク堂

→ 楽天

→ amazon

言語聴覚療法 臨床マニュアル

【書評】言語聴覚士(ST)学生が使うとレベルアップする専門書 も読んでみてください。過去問ではありませんが、国家試験の参考書としては利用価値があります。


→ 丸善ジュンク堂
→ 楽天
→ amazon

コメントを残す