書く読むがトラウマレベルの私が、文書作成で頼られる存在になったった話

当ブログ内でよく出てくる私の話ですが、試験やテストに遅刻する夢を見ます。おそらく、恐怖の「国語」のせいだと、確信しています。

偏差値27というグラフには書けない、恐ろしい数値をたたき出した私が、養成学校のレポートでうまく行くはずもなく、大変苦労しました。

書く読む力が低いと、時間がかかる、頭の整理ができない、仕事ができない、ストレス過多という負の連鎖を生みます。

これは受験や養成学校生活だけでなく、仕事に出てからも苦労します。もう一回言わせてください

本当に苦労します。

早い段階で解決したいものです。わたしは、あるものと出会って、解決どころか、今自身がもてています。

読み書き能力に自信が持てるようになった方法と経過

方法

単純です。

  • 教材を買った
    • 人に読んでもらうための文章を書くための勉強をした
  • アウトプットする機会(楽しさ)
    • ブログで読者さんとの交流
  • アウトプットする機会(客観性)
    • ブログでアフィリエイト

これらを同時に行ってから、飛躍的に良くなりました。これにたどり着くまでいろいろしましたが、全部だめでした。経過に興味がある方は、次に進んでください。経過が少し長いので、読み飛ばしたい方はこちらをクリック

経過

単品だと色々うまく行きませんでした。

  • ブログで読者さんとの交流

楽しいだけで、相手のニーズを引き出せない。=読み書きができていない

  • ブログでアフィリエイト

アフィリエイト報酬を文章の価値として利用していましたが、100円以下/月とゼロではないが変化がない。=集客がない=読まれてない/読みにくい。一番糞なのが

  • 会社の先輩に教えてもらう

職場内の教育制度として先輩から後輩に教える、というのがあるのですが、

  • 先輩によって書き方が違う
  • 先輩も感覚で書いている

そもそも、知らないうちに書けるようになった人が、書けない人に手順を追って教えられるはずがありません。

私は断然かけない人なので、言っている意味も分かりません。先輩には悪いですが、3年間指導された、プライドもズタズタ、ストレス過多だった時間を返してほしいです。

そこから、人に伝わる文章、仕事でつかえる文章を本気で勉強するようになりました!…と意気込みは感じられますが、書店に売られている文章作成術の本は、

  • 読めない(意味が分からない)
  • 眠くなる
  • できた気がしない

話すことは、聴くことができないと、発達しません。書くことも、読むことができないと、無理です。書店に売られている本は、ある程度読める人用に書いてあります。

読む能力が備わっていない私は、本を手にしても、頭が強制シャットダウン状態です。

書店の本を買いあさる事、金額にして10,000円。

小川準一郎(オガジュン)
俺には才能がない

と感じ、仕事にも意欲がなくなっていた時でした。

文章作成術教材の「才ゼロ」は読み書きトラウマレベルの私を変えてくれた

才ゼロとは、ブログ集客のための文章作成術を丁寧に押している情報商材というカテゴリーの商品です。価格は、15,000円という、書店の本に比べたら、超高額な

小川準一郎(オガジュン)
マ・ジ・か・よ・・・!?

というレベルの電子書籍(PDF)になります。今はネット社会で、情報はうまくやれば何でも無料で手に入ると思っていました。なので、初めて目にしたとき、当然私も

小川準一郎(オガジュン)
こんなもの買わなくてもよい

という思いでした。偽の情報やどこの馬の骨かもわからない人が、淡々と高額の商品を売りつけてくる世の中。情報過多で、正しい情報を選択して、実行する能力がそもそも低い私にとって、難解極まりない事でした。

私は、文書作成系の本を買うのはこれで最後にしようと思い、

小川準一郎(オガジュン)
  • これを買って駄目だったら、もう諦めよう。
  • このままいくと、書店の本も15000円分に達してしまう、終わりがない。
  • これで解決するなら、15000円もする本があっても、おかしくない。
  • そもそも、リハの本は10000円するものも買ってるじゃないか!そして、読み込んでない(苦笑)
  • この本は、僕を変えてくれるはずだ!

と言い聞かせながら、覚悟を決めました。

情報商材とは

読者さん
そもそも、情報商材って何?

知っている人は知っている、知らない人は全く知らないというジャンルの商品です。私はアフィリエイトをしているので、そのジャンルを知る状況でした。

  • 再現性の高い優良な情報商材は、たとえ15000円でも安く感じ
  • 責任感も感じられない情報商材は、たとえ1円でも購入したことを後悔する

購入は慎重にしたいジャンルです。人によっては、

無責任さん
騙されるから絶対に買ってはいけない

と無責任に言う人がいますが、私は、実体験より

小川準一郎(オガジュン)
私には絶対に必要だった。安い買い物だった。

と感じています。

私が買った才ゼロは現在どうなったか

私の性格上、慣れてきたら調子にのる傾向があります。

もちろん、文章作成も日々変化します。良い方に進化(例;個性が生かされる)していけばよいのですが、悪い方へ退化(例;読者さん減少)する場合もあります。

なので、時々見返します。するとどうでしょう

小川準一郎(オガジュン)
  • あ~、そうだった~~
  • へぇ~、そうなんだ~
  • 買って良かった

進化しても、退化しても、その時の自分の視点が変わっていることに気づきますし、その視点から学べることがある。いつ読んでも、学べるんです。

おそらく、素人でも玄人でも、この才ゼロから学べることは多いのだと思い、感心します。

なので、高い商品ではありますが、当ブログは、過去の私のような人も読者さんとして多いので、紹介するに至りました。

私がおススメの聴診器の方が高いんですが、購入者が絶えません。それは、セラピストとして成功したいから。自分の能力を活かしたいからです。

文章能力も考え方は同じです。道具がすべて、良い教本がなければ、自分の能力を活かすことも、進化させていく事も難しいんです。これは私の実体験から言えることです。

しょぼいものを使っていると、努力だけではどうにもならない壁にぶち当たります。最も顕著なのが、成果が出るまでのスピードです。

能力に投資する考えは、セラピスト誰もが持っています。高額のスキルアップのセミナーに参加しますよね。能力が上がればどうなりますか?

人から認められ、給料が上がります。スキルアップは患者様のメリットにもなりますが、ぜひ自分の価値が上がるところにも目を向けてください。患者様(WIN)-自分(WIN)が成り立つことで、自尊心が高まり、意欲が上がり、ますますスキルアップを楽しめます。

私にとって才ゼロは、タダのノウハウ本ではなく、バイブルになっています。

才ゼロの中身をちょい見せ

全体図があり、今どこを学ぶのかが分かりやすい。

漫画に好き好きはありますが、初心者の気持ちを代弁してくれている

一番のポイントは、ノウハウだけでなく考えから学べるところ

まとめ

文章作成能力を高める私が実体験からお勧めする方法は

  • 自分に合う文章作成本を手に入れる(おすすめは才ゼロ)
  • ブログをはじめる
  • ブログでアフィリエイトを通し、人に読んでもらえる価値のある文章を書く

人によっては、文章作成能力が備わるだけでなく、読む力がついたり、副業につながったりと、メリットは多いです。

小川準一郎(オガジュン)
全ては行動すること!

お問合わせ

コメントを残す