トラウマレベルで書けない私が、目的に合わせて文章を書けるようになった話

小川準一郎(オガジュン)
セラピストになって、または養成学校へ言って、こんなはずじゃなかったと一番感じたことは、何ですか?

セラピスト=記録に残す、報告する、検証する、仕事でもあるということ。今回は人生書くことから逃げてきた私が、目的に合わせて文章を書けるようになった方法を紹介します。

なぜ書くことが苦手な人が多いのか?

そもそも、程度に差はありますが、書くことに自信がある人なんて、少ないです。

その理由は単純です。聴く・話す・読むと比べ、書くことは日常生活で使う機会がほとんどないからです。せいぜいメール、ライン、SNSくらいの短いものです。

A4の報告書に普通の文字のサイズでだいたい600〜800字入ります。小学生の時に、作文を原稿用紙3枚と言われ、3枚目の出だしの2行を無理やり埋めた記憶が思い返されます。原稿用紙1枚400文字なので800〜1200字を求められいることになります。

どんなことも、最低300回は繰り返さないとできるようにならないと言われますが、あなたは何回くらい600字以上の文章を書いたことがありますか?

ほとんどの人が書くことに慣れていないと言っても過言ではありません。

どうやったら書くことに抵抗がなくなったか?

単純です。800字以上を300回位書きました。(ちなみにここまで文章で500字を超えています。)

書くことに慣れるためには、書きまくることです。答えはそれだけです。

方法はブログで300記事書いてみる、それだけです。

書くことに抵抗がなくても、伝わっているかどうかは別

ここが重要です。書くことに慣れても、それは自己満です。

それに気づくまでに、私は少々時間がかかりました。気づくとその後の変化は早いです。

300記事を一心不乱に書いても、いい記事がかけるわけではありません(お金は生まれますが)

相手が求める文章を書くことが重要

ブログでアフィリエイトをしたいのであれば、一心不乱に書けばお金は発生します。コレが目的であれば、今すぐ始めましょう。

ただ、私はブログをアフィリエイトのために使う事を進めているわけではありません。

文章能力を伸ばす、良い無料ツールだと考えています。あくまでも、目的にあった文章作成能力を伸ばすための努力をすることで、結果報酬が発生することは、誰にとってもメリットが有るということを伝えたいです。

相手のニーズを満たす記事がかけると、1記事でも報酬は伸びます。つまり、見る人が多いということは、その記事はニーズを満たしているということ。

客観的に自身の書いたものが、相手のニーズに合っているかどうかを、確認することができます。文章を書いて、それを読んでもらう事を、誰にも迷惑かけず行えるのが、ブログです。

相手が求める文章を書くことを飛躍的に伸ばす方法

文章を書くための書籍を利用することから始めると良いです。

今ならこれらの本(※紹介記事準備中)をよめますが、以前は読んで理解し、それを活かす力は皆無でした。私とあなたは違います。とりあえず、以下のノウハウ本を試してみるのが良いかもしれません。

私のおすすめは、文才ゼロから始めるweb記事執筆術という電子書籍を利用し、激変しました。興味がある方はこちら

  1. 自分の先生に当たるもの(ここではいずれかの書籍)を手に入れ、
  2. それを利用する機会を作る(ブログ)
  3. 報酬(アフィリエイトを利用)の程度で客観的に自分の文章能力の変化を見ることができる。

実施するかどうかはアナタ次第。行動化が全て。

行動するかどうかが全てです。

ちなみに学生でも実施する時間は十分あります。できれば早期から実践していくことをおすすめします。

国試1ヶ月前ならおすすめしませんが、2ヶ月前なら実践すべきと思います。

実施に際し、コストは掛かりませんし、放置しても何も起こりません。実施することで、共通の仲間を増やすこともできますし、メリットは多いです。

早期から始めることで、相対的にレポート、カルテなどに割く時間は減っていきます。

小川準一郎(オガジュン)
私は目的に合わせる書き方ができるようになって、トラウマはなくなり、時間の節約、相手から認められる機会が増えました。一歩踏み出すこと、コレが全てです。

お問合わせ

 

 

コメントを残す