私の国家試験勉強法 ~3週間で合格点。毎日6時間睡眠。

私が毎日6時間以上寝て、3週間で過去問を9割5分安定して取れる用になった方法を紹介します。

使用したもの

実際に私が使用したものは以下の通りです。また、近年このブログを通し、ほぼ同様の方法で合格した皆さんも十分すぎる方法だったとの声も聴いています。(※すべての方に当てはまるとは限りません。)

まずは言語聴覚士国家試験の合格点を短期間で達成するにはコレ!を読んでみてください。

言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説

過去10年分の過去問

出来れば上記の過去問題集を利用できるのが一番ですが、過去のものは絶版になってしまうので購入は難しいかもしれません。おそらくどの養成学校にも一冊は毎年購入しておいてあると思います。それをコピーするのがフツーかもしれません。

ちなみに集約コピーを使ってA4に4ページ分を1ページにコピー、またはB4に8ページ分をコピーすることをお勧めします。なるべく両面でない方が良いです。

経済的であるだけでなく、何回も間違えてしまうところは切り取ってフラッシュカードのように使うことができ反復学習の強い味方になるからです。
アマゾンで【言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説】を検索する。

言語聴覚士テキスト

言わずと知れた言語聴覚士テキスト。広く浅く言語聴覚士国家試験をカバーしています。

言語聴覚療法 臨床マニュアル

言語聴覚療法 臨床マニュアル

新品価格
¥7,344から
(2016/8/11 05:40時点)


言語聴覚士(ST)学生が使うとレベルアップする専門書をご参照ください

理学療法士・作業療法士国家試験必修ポイント 専門基礎分野―基礎医学

PT/OT国家試験必修ポイント 専門基礎分野 基礎医学2017

新品価格
¥4,536から
(2016/8/11 05:42時点)


国家試験 ~短期間で効率よく合格点を【参考文献】をご参照ください。

方法

大前提として「選択肢の誤っている理由を答えるように解いていきます

  1. 過去3年分ずつ最近のものから、午後だけを行う。(3日間)
    1. 間違えた所に印する。
    2. 間違えたところだけ再度といて間違えた所に印する。
    3. 2つ印が付いているところの解説にかるく目を通す。←ここで初めて解説に触れる。
    4. 再び全て解いて間違えた所に印をする。←今までやった100問×3年分です。偶然、解けていた問を洗い出すことと、間違えていたところが理解でき実践で使えるレベルになったかどうかを見極める為です。
    5. 2~3つ印が付いている所の解説を出来るだけ早く黙読する。
    6. 間違えた所を解いて間違えたところに印をする。
    7. 2~4つ印が付いている所の解説を出来るだけ早く黙読する。
  2. 過去3年分ずつ最近のものから、午前だけを行う。(3日間)
    1. 方法は午後の方法と同じ。
  3. 今まで解いた問で一つでも印が付いている所を解いて、都度解説を黙読する。必要に応じて参考書で調べる。調べた箇所に付箋を入れる(1日間)
  4. 4~6年前の過去問を1~3の方法で行う。(7日間)←印が圧倒的に印が減っていると思います。
  5. 7~10年前の過去問を行う。余裕があれば昨年の過去問も解いてみましょう。(6日間)←この段階で合格点がとれていると思います。
    1. 本番の時間を想定してとく。
    2. 間違ったところに印する。
    3. 間違った所を黙読する。
    4. 時間に余裕があれば、印の付いている箇所を解き誤ったところに印する。
    5. 印が多い所を重点的に復習する。
  6. 昨年のものを解き、間違えたところに☆をつけましょう。今までやってきた過去問をでチェックが多い箇所を覚えるように復習しましょう。(1日間)

本番まであと一週間

最悪、点数が合格点が取れていなくても苦手なところに印が入っています。似たような問題に印が入っているのではないでしょうか? そこを重点的に、午前・午後関係なく近年の過去問ほど重視して解いていけば本番までには合格点を安定して取れるようになっていると思います。

注意点

  • 法律系の問は過去問によっては過去問自体が誤りの場合があるので最新の情報をチェックしてください。
  • 上記方法はあくまでも私の方法なので、必ず合格点が取れる方法ではありません。参考程度におねがいします。

過去問の量は膨大です、計画を立てて、おこなうようにしましょう!

オススメ国家試験対策本

言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説


過去10年分が欲しい方はお早めに!

アマゾンで【言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説】を検索する。

言語聴覚療法 臨床マニュアル

言語聴覚療法 臨床マニュアル

新品価格
¥7,344から
(2016/8/11 05:40時点)


【書評】言語聴覚士(ST)学生が使うとレベルアップする専門書 も読んでみてください。過去問ではありませんが、国家試験の参考書としては利用価値があります。

オススメの理学療法士、作業療法士の過去問

理学療法士、作業療法士の過去問は充実しています。私は問題はときませんでしたが、参考書としてこのシリーズを活用しました。実は臨床に出てからも他職種の共通言語を知る上で役に立っており、臨床医学編も就職してから追加購入しました。 →国家試験 ~短期間で効率よく合格点を【参考文献】

PT/OT国家試験必修ポイント専門基礎分野基礎医学(2017)

PT/OT国家試験必修ポイント 専門基礎分野 基礎医学2017

新品価格
¥4,536から
(2016/8/11 05:42時点)

PT/OT国家試験必修ポイント専門基礎分野臨床医学(2017)

PT/OT国家試験必修ポイント 専門基礎分野 臨床医学2017

新品価格
¥4,752から
(2016/8/11 05:44時点)

8 件のコメント

  • 来月国家試験なのですが、いまどうやって勉強して良いかわかりません。どうしたら良いでしょうか?
    去年の問題を上の順番通りにやり力がついてくるでしょうか?

  • 今年の言語聴覚士国家試験に受ける者です。
    1ヶ月前にこちらのブログを拝見し、勉強の仕方の参考にさせていただいています。

    しかし、過去問集2週目に入り、まちがえた問題だけに印をつけていくつもりが、正解した問題も気になり、その都度解説をチェックしていると膨大な時間がかかってしまい、悩んでいます。(例えば、正解だと分かる選択肢があって正解しても、他の選択肢の意味が分からなかったり自信を持ってバツをつけられない選択肢がある場合)

    コメント欄に質問してもよいのか分からなかったのですが、本当に悩んでいて精神的にも追い詰められてます(u_u)お時間が許せばご回答よろしくお願いします。

    • k様

      コメント欄への投稿ありがとうございます。
      国家試験まで残り3週間を切りました。でも大丈夫、まだ時間はあります。

      >膨大な時間がかかります。
      まずは、自分のやっている方法を信じましょう。ただ、試験日から逆算して、間に合わない方法は避けましょう。
      1週目、2週目とかかる時間は減っていきます。

      >自信をもって×をつけられない
      次やったとき本能的に間違えるかもしれないというところは、解説を読めば良いと思います。
      ただ、印のパターンを変えてみてはいかがでしょうか?
      要するに、3週目の時に、どの問いを優先すれば、効率的にウィークポイントを埋められるかさえ分かればよいのです。

      おそらく、kさんのコメントを見て、過去問集1週目もまだ済んでいない人がたくさんいると思います。
      試験勉強に膨大な時間がかかるのは当然です。

      試験時間は200問で5時間、1問90秒程度で解く必要があります。5肢とすれば、1肢18秒。
      もちろん、18秒もかけていたら他の問を解く時間が無くなりますので、10秒程度を目標に解いていくと良いかと思います。

      何で違うか? が瞬時にわかるようになることを目的に、解説を読むようににしましょう。2週目なので、読んでわからないところは飛ばしましょう。
      過去3年分、出来れば10年分もすれば、解説は毎度同じ事が書いてあることが分かりますし、出題されている傾向もわかります。
      用語になれること、問いの言い回しになれることで、一気に効率はアップします。

      私の方法と異なってもよいので、kさんの方法を信じてやってみましょう!
      健闘を祈ってます。

      P.S
      これから追い込みの時期になります。
      不安なことを友達同士で解決できないときは、私でよければいつでも相談に乗ります・・・仕事でバタバタでブログの更新できていませんが(汗)
      このブログの存在を友達にも紹介してみてください。
      人の数ほど、方法の違い、悩みごとは異なります。
      試験に向けて、様々な方法を共有し、皆で助け合いながら、ライセンスを取得できることを当ブログは応援しています。

      • お忙しい中、ご丁寧なお返事ありがとうございます。どれもためになることばかりで早速試したいと思います!ありがとうございますm(_ _)m

        重ねての質問なのですが、よろしいでしょうか…?

        明日で残り2週間になります。本当は過去問10年分を解こうと思っていたのですが、1週間で3年分を解いて、最後の1週間で解いてきた6年分の過去問の間違えたところを中心に勉強しようと思っています。ですから、6年分を3週することになります…。どう思いますか?と聞くのはおかしいですよね(笑)でも自分のやり方でいいのか自信がありません。

        とはいうものの、1週間で3年分を解く自信がありません。最後の1週間で6年分の間違えたところを全部解く自信もありません。私は丁寧にやりすぎてしまうので引き際が分からず優先順位をつけてやることができません(/ _ ; )印が1つでもついているところも見ないと気が済まないのです。でも時間は刻々と迫ってくるし優先順位をつけないといけないですよね…

        マイナス発言ばかりで、内容もごちゃごちゃしててすみません…morthさんのご意見を聞かせていただければ嬉しいですm(_ _)m

        • k様

          お疲れ様です。でも、まだ2週間もあります。2週間後は、試験を終えて、出しきったイメージを持って、試験勉強を狂ったかのようにやりぬきましょう。

          後は、精神的な問題です。期間に対して焦らず、計画の変更は当たり前、やると決めたことを落ち着いて取り組みましょう。取り組む際は、良い結果が得られるイメージを持って取り組みましょう。

          >本当は過去問10年分を解こうと思っていたのですが、1週間で3年分を解いて、最後の1週間で解いてきた6年分の過去問の間違えたところを中心に勉強しようと思っています。

          昨年、私に相談してきた学生さんで、「10回分はきついので〜」と言う理由で、6回分を取り組み、試験本番の結果は8割5部とっていた方がおられました。3回分の方もおられ、7割前後の点数(結果)でした。

          私としては自分の体験から10年分やったことしか無いので、3〜6年分がどうなのかは分かりません。私の紹介した「繰り返す勉強法」で「合格できました、ありがとうございました。」と言う、嬉しい報告を受けています。

          「何回分をする」というのが、合格ラインではないと思います。「間違った選択肢の理由を瞬時に応えることができる」状態で安定して6〜7割程度とれる。といったところです。

          「何回分」というのは、国家試験も安定して8割以上取れる応用力や、間違った選択肢を消去できる可能性が高まる能力を高めるものだと思います。

          1周間で3回分の実施は可能です。むしろ、2週間だからできます。

          私の方法では時間的な説明が難しいので説明しませんが、5時間で新規の過去問を1回分解けます。間違ったところだけ確認していけば、1日〜1日半で過去問の実施と復習ができます。

          …と、長々と私の思いだけを述べて申し訳ありません。kさんと同様の悩みを持っている方はいないでしょうか?

          自信がないのは多くな人で同じです。合格する自信がない方法を続けている人も多いと思います。ですが、やり方をコロコロ変えて時間だけ過ぎていくのはオススメしません。

          kさんの納得行く方法を、ある程度信じてやりぬく。雑念(マイナス)はいいイメージで乗り切る。そうすれば、今合格点になくても、国家試験では合格点取れます。そもそも、卒業試験を乗り切っているので大丈夫です。

          何もできませんが、k様、その他大勢の国家試験に望む方の励みになればと思います。

  • はじめまして、現在国家試験対策で奮闘しております。blogの記事とても
    参考になり励まされました!。(国試以外の項目も)
     過去問のポイントや試験で緊張しない方法など工夫がたくさんですね

     現在は(2016)国家試験を支援する機関(現役STの先生による通信教育や各季節における講習会を行う予備校)も少しずつあるようです。
     
     万全を期して臨みたいと思います。

    • やまだ弟さんへ

      >blogの記事とても参考になり励まされました!。(国試以外の項目も)

      とてもうれしく思います。最近、「忙しい」を理由にサイトの更新が滞っています(;’∀’)
      ですが、やまだ弟さんのコメントで元気が出ました。次の記事の更新はやまだ弟さんのおかげだと思います(笑)

      >現在は(2016)国家試験を支援する機関(現役STの先生による通信教育や各季節における講習会を行う予備校)も少しずつあるようです。

      時代ですかね…副業もブームですし。通信教育や講習会に参加することで「効率」が上がるのであれば、国家試験を突破する方法としてはありですね。ですが、やっぱり一番の方法は自分の「できること・できないこと」「得意なこと・不得意なこと」をしっかり分析し、自身で選択した方法を信じて「やり抜く」ことがだと考えます。

      まだ時間は十分あります。焦らず自分を信じてやり抜いてください。健闘を祈ってます。

      ps.臨床実習お疲れさまでした? 終わってなかったら体調に気を付けて乗り切ってください。応援しています。他記事で疑問に思った事、分かりにくいところがあれば仰ってくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す